ムダ毛の自己処理の基礎知識

ムダ毛の自己処理の基礎知識

自己処理(じこしょり)とは、日本語で読んでも意味は何となく分かりますが、脱毛についていうときはちょっと特殊な意味を持ちます。


自己処理とは、ラヴォーグのような専門の脱毛サロンでムダ毛を取り除くのではなくて、自分自身でムダ毛を除去すること全般を指します。


ラヴォーグのような脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間はムダ毛の自己処理が必要になってきますし、そもそも自己処理は肌へ負担をかけてしまうものですから、正しい知識を持っておくことは重要です。


ムダ毛の自己処理の基礎知識について解説します。


ムダ毛を抜くのは基本的にNG

ムダ毛を抜くのは基本的にNG

ムダ毛の自己処理の基本的なルールは、ムダ毛を抜くのはできるだけ避けた方が良いということです。


毛抜きでムダ毛を抜くのは、ある意味、一番簡単な自己処理方法なので、ついピンセットなどで抜いてしまう人も多いと思います。


ですが、ムダ毛を抜くと、肌にかかる負担は非常に大きいのです。


そもそも「痛い」ということがダメージの大きさを示していますが、毛抜きでムダ毛を抜くと、毛根部にぷよぷよした柔らかい皮膚組織が付着しているのが分かると思います。皮膚組織を引き剥がしてしまうほど、ダメージが大きい、だから痛い、ということなのです。

ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法

毛抜きと同じように、ムダ毛を抜く系統に入る自己処理方法としては、脱毛ワックス、脱毛テープなどが含まれます。共通するのは、とても痛い、つまり肌へのダメージが大きいということです。


正しく使えばカミソリがベスト

自己処理にはカミソリが最適

ムダ毛の自己処理方法としては、正しく使えばカミソリがベストの選択肢です。


カミソリでムダ毛を剃る場合、毛根部は毛穴にそのまま残り、ムダ毛の皮膚表面にあらわれている部分を途中でカットすることになります。


このため、比較的に肌にかかる負担が少なくて済み、継続的に行う自己処理方法としては適しているのです。


もちろん、カミソリで剃ることも、肌へかかる負担がゼロではありません。実際には、カミソリの刃でうすく皮膚を削っているような状態になりますので、自己処理前後のケアはしっかり行うことをおすすめします。

ムダ毛をカットする系統に入る自己処理方法

カミソリと同じように、ムダ毛をカットする系統に入る自己処理方法としては、電気シェーバー、ハサミ、脱毛クリーム(除毛クリーム)などが含まれます。


電気シェーバーは、カミソリよりも肌への負担が少なくて済み、本来もっともおすすめですが、カミソリに比べると剃りが甘く、剃り残しが出るという問題があります。比較的、ムダ毛についての社会の視線が緩い男性ならともかく、女性の場合は、電気シェーバーは使用部位を選ぶ傾向があるかと思います。


また、脱毛クリーム(除毛クリーム)については、薬剤の力でムダ毛を溶かすものですが、比較的に強い薬剤を使うものですので、自分の肌に合うかどうかは気を付けましょう。


カミソリを使う前後のケア

カミソリを使う前後のケア

カミソリを使う前後のケアとしては次のような3段階の流れがおすすめです。


@自己処理前には、対象の部位を温めて、ムダ毛を柔らかくする。
A自己処理後には、対象の部位を冷やして肌を引き締める。
B最後に肌を保湿ケアする。


こうしたケアを行うには、蒸しタオルを使うと便利です。蒸しタオルは、温かい状態のときは@自己処理前のケアに使用することができ、冷めてきたらA自己処理後のケアに使うことができます。


蒸しタオルは、電子レンジを使って、自宅で簡単に作ることができます。


水に濡らしたタオルを、ラップで包んで電子レンジで数十秒温めれば出来上がりです。好みの温度には、電子レンジの時間で調節できます。


最後の保湿ケアも忘れずに行うようにしましょう。肌の美容の問題は、多くの場合、最後は保湿に行きつきます。しっかり保湿ケアする習慣を付けましょう。


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 名古屋駅前店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!